新46maehonのブログ

2020年5月18日月曜日

日本児童文学2019年11・12月号とホームページリニュアル

ここ最近の「Stay at home」を機会に、ホームページを大幅に一新しました。
https://www.46ma.com/ehon/

コンテンツの先を、出来るだけブログやSNSで繋ごうとすると大工事が必要だったため、なかなか時間がとれずにいたのですが、この外出自粛のおかげで念願叶いました。
今回はAdobe Portforio、Tumbler、Bloggerと3種類のツールを使用しています。

とりあえず公開ということで、まだあちこち手直しが必要な状態ではありますが、
「works」の中に、連載「おたのしみはこれからだ」の全カットを載せました。
写真は連載の最終回、「日本児童文学」2019年11・12月号です。
(最終回は人物をそれぞれ別に描いて合成、一枚の扉カットにしています)

2020年4月20日月曜日

日本児童文学2019年3・4月号

すっかりご無沙汰しておりました。思えば2019年は、大変ささやかながらも、コンスタントに仕事をしておりました。また少しずつ、こちらにアップしていこうと思います。
写真は日本児童文学者協会の協会誌「日本児童文学」より吉田桃子さんの
連載『お楽しみはこれからだ』第2回の扉カットです。

2019年2月16日土曜日

去年の暮れの話になりますが


少し前の話になりますが、2018年11月9日の読売中高生新聞に「カレーライスは日本食」が掲載されていたようです。全然知らず、お友達からの年賀状で教えてもらいました。(Mちゃん、ありがとう!)

2019年2月15日金曜日

2018年9月14日金曜日

見本が届きました。

発売よりひと足早く、見本が届きました。予定通り、9月18日発売です。
どうぞよろしくお願いいたします。

冒頭の1話目、タイトルにもなっている「カテリネッラとおにのフライパン」 は、ちょっとだけ怖いお話です。といっても、もともと昔話は語りの世界、読み手と聞き手の掛け合いがベースになっており、これはその駆け引きで面白くなる話なので、怖いのが苦手な小さなお子さんには、大人の方がお膝に乗せたり、横に座ったりして読んであげれば、スキンシップも兼ねられて安心して読書を楽しめると思います。

この”カテリネッラ”については、義母であり著者の剣持弘子氏が、日本イタリア会館の『コレンテ』通信の中で少し触れています。こちらです。


2018年8月11日土曜日

9月に本が出ます

イラストを担当した本が近く刊行されます。
『カテリネッラと鬼のフライパン』
(こぐま社 剣持弘子著・訳 2018年9月18日発売予定)
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784772190732
絵本よりは文字が多めですが、見開きには全て挿絵付きで、絵でもお話がわかるようになっています。初めて一人で本を読むお子さんに最適、まだ字が読めないお子さんでしたら親子で読みきかせが楽しめますし、大人でも充分面白く読める本です。食べ物にまつわるイタリアの昔話、主人の母が厳選した4つの短篇です。ご高覧いただければ大変幸いに存じます。

2018年4月26日木曜日

MOOK07 散歩の達人 鎌倉・江の島

個展期間中の3/22にジャック&豆の木さんに取材が入り、店内の撮影を行っていたのですが、その時の写真が MOOK07 「散歩の達人」  鎌倉・江の島に掲載されていました。
103p、「お茶する以外も楽しいカフェ」の特集の中にあります。
http://shop.kotsu.co.jp/shopdetail/000000002349